当サイトの記事には広告が含まれている場合があります

【初心者向け】MEXCの先物取引/レバレッジ取引のやり方を徹底解説

MEXC

 

MEXCの先物取引やレバレッジ取引ってどうやるの?

今回はこのような疑問に答えていきます。

▼本記事の内容

【初心者向け】MEXCの先物取引/レバレッジ取引のやり方を4ステップで解説【カンタン】

 

▼筆者情報

☑仮想通貨の投資歴1年以上

☑投資している仮想通貨銘柄2ケタ以上

☑サイト運営歴3年以上

初心者の方でもわかるように画像付きで解説していくので、MEXCで先物取引をしたい方はご覧ください。

解説動画はコチラ↓

 

╲5分で口座開設が完了/

MEXC口座開設はコチラから

╲招待コード「1R3mH」で取引手数料が永久的に10%オフ/

 

【初心者向け】MEXCの先物取引/レバレッジ取引のやり方を4ステップで解説【カンタン】

以下のやり方で進めていきます

MEXCの口座開設をする

②MEXCでUSDTを買う

③USDTを現物アカウントから先物アカウントに移す

④MEXCで先物取引をする

特に難しい作業はないので、手順の通り進めていけばスムーズに先物取引を行えます

MEXCの口座開設をする

まず初めにMEXCの口座開設をする必要があります。

MEXCは結構有名な海外の取引所。

ユーザー数は世界で1000万人越え、扱っている銘柄も1500を超える。(2024年時点)

口座開設はとても簡単。(5分でできる)

①まずMEXCにアクセスし、メールアドレスを入力

MEXC公式サイトはこちら

②パスワードを設定し、招待コードを入力

③【利用規約に同意する】にチェックを入れ、【新規登録】をクリック

招待コード⇒【1R3mH

招待コードを使うと毎回の手数料が永久的に10%還元され、さらに取引額に応じてボーナスがもらえるので、良ければどうぞ。

※このページのリンクからMEXC公式サイトに飛んでいれば、自動で入力されていると思います。

 

招待コードは新規登録する時にだけ入力できるから、忘れずに利用しておこう。

設定したメールアドレスに6ケタのコードが届くので、入力し【確認をクリック】

これにて新規登録&口座開設完了です

 

╲5分で口座開設が完了/

MEXC口座開設はコチラから

╲招待コード「1R3mH」で取引手数料が永久的に10%オフ/

 

MEXCでUSDTを買う

次に、先物取引で使うための「USDT」という仮想通貨を準備していきます

USDTはドルの価格と連動していて、たとえばドル円相場が1ドル150円なら1USDTの価値は150円、ドル円相場が1ドル160円なら1USDTの価値は160円になります

USDTは数千以上あるほぼすべての仮想通貨と交換できる便利なコイン。

一般的に仮想通貨は価格の上下動が激しいですが、USDTはドルと同じ価格なので安定感があり、仮想通貨の交換の際に利用されることが多いです

USDTを買うには、国内or海外の取引所で用意したXRPなどの仮想通貨をMEXCに送金し、その仮想通貨とUSDTを交換するか、クレカ決済の2通りがあります

XRPは送金手数料がほとんどかからないから、送金に適していて人気がある。

手数料を抑えてUSDTを買う方法は「MEXCでUSDTを買う方法を4ステップで解説」をご覧ください

【初心者向け】MEXCでUSDTを買う方法を4ステップで解説【カンタン】
MEXCでUSDTを買いたい。 どうやって買うの? 今回はこのような疑問に答えていきます。 ▼本記事の内容 【初心者向け】MEXCで仮想通貨USDTを買う方法を4ステップで徹底...

手数料は高くなりますが、クレジットカード決済ですぐにUSDTを買いたい場合は「MEXCで仮想通貨をクレジットカードで買う方法・手数料を解説」をご覧ください

【MEXC】仮想通貨をクレジットカードで買う方法・手数料を解説(カードを使えない時の対処法アリ)
【MEXC】仮想通貨をクレジットカードで買う方法・手数料を解説(クレジットカードが使えない時の対処法アリ)

他の取引所からMEXCへXRPを送金する方法は以下の記事にそれぞれまとめています↓

>>ビットバンクからMEXCにXRPを送金する方法を4ステップで解説

>>コインチェックからMEXCにXRPを送金する方法を4ステップで解説

>>バイビットからMEXCにXRPを送金する方法を4ステップで解説

USDTを現物アカウントから先物アカウントに移す

MEXCには「現物アカウント」と「先物アカウント」という、いわば2つの”財布”があります。

現物取引で買ったり、他の取引所から送金したUSDTは「現物アカウント」の中にあるので、先物取引をするために「先物アカウント」に移動させる必要があります

現物取引用の財布と先物取引用の財布に分かれている。

やり方はとても簡単

アプリだと簡単なので、スマホ画面で説明していきます

まずMEXC公式アプリをダウンロードする

MEXC - ビットコインの購入&売却

MEXC – ビットコインの購入&売却
開発元:MEXC Fintech, Inc.
無料
posted withアプリーチ

MEXCのアプリを開いてログイン後、【資産】⇒概要⇒【振替】の順にタップ

①「From」の右側に【現物アカウント】、「To」の右側に【先物アカウント】と表示されるように設定する

右側にある青い矢印をタップすると、現物アカウントと先物アカウントの位置を入れ替えられます

②移動させる仮想通貨が選べるので【USDT】を選択する

③先物アカウントに移動させたいUSDTの量を入力する

④【振替】をタップ

これで現物アカウントから先物アカウントにUSDTを移動完了

【資産】⇒【先物取引】の順にタップすると、移動させたUSDTの量を確認できます

次に、先物取引のやり方を解説していきます

MEXCで先物取引をする

①先物取引をタップする

②MEXCの先物取引は【USDT建て】と【暗号資産建て】の2つがありますが、【USDT建て】がメジャーで安全なやり方なので、選択していきます

【USDT建て】と【暗号資産建て】の違い

違いは以下の通りです

USDT建て⇒USDTを資金(証拠金)として預けて取引をする(報酬はUSDTでもらえる)

暗号資産建て⇒BTCやETHを資金(証拠金)として預けて取引をする(報酬はBTCやETHなどでもらえる)

暗号資産は価格の上下が激しく、最悪の場合は預け入れた資金を失ったり、もらえる報酬が激減する危険性があるので、基本的にはUSDT建てを選択してください

USDT建ての方がカンタンだし安定している。

証拠金&ロスカットについて

先物取引では【証拠金】と【ロスカット】という言葉が良く使われるので、意味を確認しておきます

証拠金とは、カンタンに言うと【預け入れる資金】のことを意味します

100USDTを使って先物取引をするなら、証拠金は【100USDT】ということになる

ロスカットとは、預け入れた資金(証拠金)以上に損失が出た場合、強制決済が行われて、資金がゼロになることを意味します

例えば100USDTを使って先物取引をしていたけど、投資した銘柄の価値が落ちて100USDT以上の損失が出た時に強制決済となり、資金がなくなります

ロスカットは確かにキツいけど、逆に言うと預けた資金以上にマイナスになることはないから、FXとかと違って多額の借金を背負ったりする危険はない。

あとロスカットの前に損切りラインも前もって設定できるから、そんなに怖くない。

取引銘柄を選択していく

次に、取引したい銘柄を選択していきます

以下の画像の箇所をタップ

検索欄があるので、欲しい仮想通貨の銘柄名を入力する

※今回はビットコイン(BTC)を例に先物取引していきます

検索欄に【BTC】と入力すると【BTC USDT 無期限】と表示されるので、タップすれば銘柄選択が完了です

【分離マージン】と【クロスマージン】を選択する

【分離】の部分をタップするとマージンモードが選べます

マージンモードは証拠金に関する設定のことで、これからかみ砕いて説明しますが、よくわからなかったり、低リスクで先物取引したいなら、とりあえず【分離マージン】を選べばOKです。

分離マージンの特徴

証拠金の一部を担保に取引を行う

⇒例えばBTCとETHの2つで先物取引をしている場合、BTCが暴落してロスカットになり証拠金が無くなっても、ETHの取引で預け入れている証拠金&残りの利用可能資金は減らない

【BTC取引の証拠金】【ETH取引の証拠金】【残りの利用可能資金】をそれぞれ別々に管理する方法。

クロスマージンの特徴

先物アカウント口座に入っている全ての資金を担保に取引を行う

⇒例えばBTCとETHの2つで先物取引をしている場合、BTCが暴落しても、ETHの取引で預け入れている証拠金&残りの利用可能資金でBTCの損失分を補填でき、BTCのロスカットを避けられる

しかし、あまりにBTC取引の損失が大きく、ETHの証拠金&残りの利用可能資金を使っても補填できなくなった時、BTCの証拠金&ETHの証拠金&利用可能資金の全てを失うリスクがある。

クロスマージンはロスカットのリスクを下げられるけど、1つの仮想通貨が大暴落すると先物アカウントに入っている資金が全てなくなるから、初心者には危険。

分離マージンがおすすめ。

レバレッジを設定する

次に、レバレッジを設定していきます

以下の画像の箇所をタップ

レバレッジの倍率を操作できるので設定し、【確認】をタップ

MEXCは最大200倍まで設定できますが、基本的には3倍前後がおすすめ

倍率を上げるほど資金を増やしやすいですが、逆にロスカットになって資金を失う可能性も高いので、慣れていないうちは2~3倍辺りで練習すると良いと思います

何回もやっているうちに取引や操作に慣れてくるから、それまでは小さい額で練習してみるべし

今回はレバレッジ2倍に設定していきます

オープンとクローズを選択

オープンとクローズを選べるので、【オープン】をタップ

オープンは取引を始める(ポジションを取る)、クローズは決済する、という意味です

取引を始めるならオープン、取引を終わらせて利益確定or損切りする時はクローズをする

成行注文と指値注文のどちらかを選択する

注文方法を選択していきます

まず【成行注文】をタップ

注文方法が表示されるので、選択していきます

5つの方法がありますが、基本的に【成行注文】と【指値注文】だけ覚えておけばOKです

成行注文は現在の価格で注文する方法のことで、すぐに取引できるメリットがあります

一方、指値注文は希望価格を設定し、仮想通貨がその価格になった時に注文する方法で、すぐには取引が完了しない代わりに、希望価格で取引できるメリットがあります

まずは成行注文のやり方を解説していきます

成行注文を選択する

次に、以下の画像の箇所が【USDT▼】となっているか確認する

もし【USDT▼】ではなく画像のように【BTC▼】となっている場合は

【BTC▼】の所をタップし、【USDT】をタップすればOKです

次に、支払うUSDTの量を設定してください(下のバーをスライドすれば、保有しているUSDTの何%を支払うか決められます)

最低支払額はビットコインの価格の10000分の1なので、ビットコインが70000ドルなら、7USDT以上を預け入れる必要があります。

画像の状態だと、ビットコインの今現在の価格【70126ドル】で、保有しているUSDTの50%を証拠金として設定し、取引開始となります

一方、指値注文の場合は、ビットコインを買う時の価格を設定できるので、入力していきます

画像の状態だと、ビットコインの価格が【70000ドル】まで下がった時に、自動的に保有しているUSDTの50%が証拠金として預けられ、取引開始となります

利確/損切りを設定する

次に利確/損切りラインを設定していきます

【利確/損切り】にチェックを入れると入力欄が表示されるので、数字を入れていく

例えば以下の画像の状態だと、ビットコインの価格が71000ドルまで上昇、もしくは69000ドルまで下落した際に、自動で決済が行われます

利確/損切り設定していれば希望の価格で自動売買してくれるから、とても便利。

特に損切りラインは設定しておくことで急な暴落時の損失を回避できるから、忘れずに。

ロング(買い)かショート(売り)を選択する

買う仮想通貨の価格が今後上がると予想するなら【ロングをオープン(買い)】、下がると予想するなら【ショートをオープン(売り)】を選択してください

ロングは買い、ショートは売り、という意味。

注文詳細が表示されるので、問題なければ【確認】をタップ

画面を下にスクロールすると取引内容が確認できます

利確/損切りラインを再設定したい時は【利確/損切り】をタップ

【編集】をタップ

利確/損切りラインの設定と、そのラインに達した時に何%のポジションを手放すかを設定できます

決済(クローズ)をする

取引を辞めて決済したい時は、

【クローズ】をタップ

【確認】をタップすれば完了です

MEXCの先物取引/レバレッジ取引はカンタン

今回はMEXCの先物取引についてまとめてきました

以下のやり方で進めていきます

①MEXCでUSDTを買う

②USDTを現物アカウントから先物アカウントに移す

③MEXCで先物取引をする

慣れればそこまで難しくない作業なので、MEXCで先物取引をしたいなら、まずは少額からやってみると良いと思います。

というわけで、以上です。

仮想通貨業界は最新情報を知り、いかに早く動けるかが稼ぎやすさに直結する世界。

早めに行動して他の人より差をつけよう!

 

╲5分で口座開設が完了/

MEXC口座開設はコチラから

╲招待コード「1R3mH」で取引手数料が永久的に10%オフ/

 

>>MEXCの口座開設方法・二段階認証の方法を徹底解説!【10分で完了】

>>MEXCでUSDTを買う方法を4ステップで解説

>>MEXCで仮想通貨をクレジットカードで買う方法を解説

>>ビットバンクからMEXCにXRPを送金する方法を解説

>>コインチェックからMEXCにXRPを送金する方法を解説

>>バイビットからMEXCにXRPを送金する方法を解説

タイトルとURLをコピーしました