当サイトの記事には広告が含まれている場合があります

Bitgetで仮想通貨をクレジットカードで買う方法・手数料を解説【失敗時の対策/サードパーティも】

Bitget

 

ビットゲットでクレジットカードを使って仮想通貨を買いたい。

どうやるの?

今回はこのような疑問に答えていきます。

▼本記事の内容

①Bitgetでクレジットカードを使って仮想通貨を買う方法&手数料を解説

②Bitgetでクレジットカードを使えないときの対処方法を解説

 

▼筆者情報

☑仮想通貨の投資歴1年以上

☑投資している仮想通貨銘柄2ケタ以上

☑サイト運営歴3年以上

クレジットカード決済だと国内の仮想通貨取引所を経由する必要がなく、かなりラクにビットゲットで仮想通貨を買えます

初心者の方でもわかるように画像付きで解説していくので、ビットゲットで仮想通貨をクレジットカードを使って買いたい方はご覧ください

※Bitgetでクレカ決済するには口座開設と本人確認をする必要があります。

まだしていない方は「【初心者向け】Bitgetの口座開設・本人確認・二段階認証の方法を徹底解説!」をご覧ください。)

【初心者向け】Bitget(ビットゲット)の口座開設・本人確認(KYC)・二段階認証方法を徹底解説
Bitgetの口座開設の始め方が知りたい。 初心者にもわかりやすいように教えて欲しい。 今回は上記の要望に応えていきます。 ▼本記事の内容 ①【初心者向け】Bitget(ビット...

5分で口座開設できますよ

招待コードを使うと手数料が永久的に30%オフ!

解説動画はコチラ↓

 

╲5分で口座開設が完了/

Bitget口座開設はコチラ

╲招待コード「qcz2」で取引手数料が永久的に30%オフ/

 

準備編:Bitgetが対応しているクレジットカードまとめ

Bitgetが対応しているクレジットカードは以下の2つです↓

〇VISA

〇Mastercard

JCBやアメリカンエクスプレスなどのカードは利用できないので、Bitgetでクレジットカード決済をする時はVISAかMastercardを用意しましょう

※VISAとMastercardでも仮想通貨の購入に対応していないカードもあるので、その場合は違うカードを使ってください(楽天カードや三井住友のカードは使えないことが多いです)

使えるカードが無い場合は、クレジットカード決済の代わりに、国内取引所から仮想通貨を送金すればOK

他の取引所からBitgetへXRPを送金する方法は以下の記事にそれぞれまとめています↓

ビットバンクからBitgetにXRPを送金する方法を15枚の画像付きで解説

バイビットからBitgetにXRPを送金する方法を15枚の画像付きで解説

Bitget(ビットゲット)でクレジットカードを使って仮想通貨を買う方法を解説

Bitgetでクレジットカードを使って仮想通貨を買う方法は2種類あり、それぞれの名称と特徴は以下の通りです↓

1.サードパーティ

⇒買える仮想通貨の銘柄は少ないけど手数料が【クレジットカード/デビットカード】より少し割安

2.クレジットカード/デビットカード

⇒手数料が【サードパーティ】より高めだけど様々な仮想通貨の銘柄をすぐに買える

それぞれのやり方や特徴・違いを解説していきます

※アプリだと簡単にできるので、スマホ画面でやり方を説明していきます

アプリのダウンロードがまだの方は以下のリンクからどうぞ↓

Bitget- ビットコイン 仮想通貨 トレード

Bitget- ビットコイン 仮想通貨 トレード
開発元:BG LIMITED
無料
posted withアプリーチ

【サードパーティ】で仮想通貨を買う方法

サードパーティとはカード支払いを代行してくれる会社のことを指し、「mercuryo」や「banxa」といった会社があります

【クレジット/デビットカード】決済よりも手数料を少し抑えられるところがメリットです

アプリにログインしたら、【資産】⇒【購入】の順にタップ

画面のように購入方法が選べるので【サードパーティ】をタップ

【USD▼】の部分をタップ

支払う通貨を選べるので、【JPY】を選択する

【USDT▼】の部分をタップする

買いたい通貨を選べるので選択してください

【Bitget】サードパーティで買える仮想通貨一覧

USDT/USDC/BTC/ETH/BCH/LTC/ETC/XRP/TRX/EOS

【クレジット/デビットカード】だと買える仮想通貨が70種類くらいあるので、比較するとサードパーティは少なめです

次に、支払いたい日本円の金額を入力してください

※最低支払額は8000円になっているので、8000円以上を入力する必要があります

今回は20000円分のUSDTを買うという前提で進めていきます

【VISA】の部分をタップする

カードの種類を選べるので、使いたいカードを選択してください

①サードパーティを選択する

サードパーティは複数ありますが、この後の手続きの仕方はほとんどどれも同じなので、どの代行業者を選んでもOK

手数料はその時々で少し差がありますが、基本的にGoodマーク、もしくはベストプライスと表示されているサードパーティが最も手数料が安いので、そこを選ぶのがおすすめです

今回は「mercuryo」を選択していきます

②【USDTを購入】をタップ

決済の詳細が表示されるので確認する

【価格】の部分に1USDTが約158円で交換されると表示されていて、現在のドル円相場は1ドル約150円なので、だいたい1ドルに付き8円が手数料として上乗せされる計算になります

100USDT買う時は約800円、200USDT買う時は約1600円。

手数料の料率は支払う金額やその時々のタイミングで変わる。

【クレジット/デビットカード】だと1ドルに付き約15円分の手数料が上乗せされるので、サードパーティ決済だと約半分の手数料です

問題が無ければ【同意する】にチェックを入れ、【確認する】をタップ

メールアドレスを入力し、【Continue】をタップ

 

設定したメールアドレスに5桁のコードが書かれたメールが届くので確認し、入力する

クレジットカード情報を入力し、【Pay 20000 JPY】をタップすれば、日本円で仮想通貨を買えます

【クレジット/デビットカード】で仮想通貨を買う方法

【クレジット/デビットカード】は【サードパーティ】と比べて少し手数料が割高な代わりに、様々な仮想通貨の銘柄をすぐに買えるメリットがあります

やり方は次の通り↓

アプリにログインし、【資産】⇒【購入】の順にタップ

画面のように購入方法が選べるので【クレジット/デビットカード】をタップ

【USD】の部分をタップ

支払いに使う通貨を選べるので、【JPY】を選択する

支払いたい日本円の金額を入力する

※対応可能金額は2300~140万円となっているので、その範囲で設定してください

【USDT▼】をタップ

買える仮想通貨を選択できるので、選ぶ

USDTやBTC、XRP、その他に草コインなど70種くらいの中から選べる

このあと紹介する【サードパーティ】だと買える仮想通貨が10個程度なので、ここが【クレジット/デビットカード】決済のメリットです

今回は20000円分のUSDTを買うという前提で進めていきます

①入力した数字の下に入手できるUSDTの数量が表示されるので確認する

②【見積もり】の所にレートが表示されるので確認する

この取引の場合、1USDTを約165円のレートで買うことになり、約120USDTを買えます

現在のドル円相場は1ドル約150円なので、だいたい1ドルに付き15円が手数料として上乗せされる計算になります

100USDT買う時は約1500円、200USDT買う時は約3000円。

手数料の料率はその時々のタイミングや買う銘柄によって多少変わる。

この手数料は【サードパーティ】よりやや割高です

買う数量とレートを確認して問題なければ【購入USDT】をタップ

携帯電話番号認証もしくはメールアドレス認証をしていない場合、このタイミングで認証をするよう指示されるので、【いますぐ認証する】をタップして認証を進めてください

認証が出来ていると次の画面になるので【新しいカードの追加】をタップ

以下のカード情報を入力し、【次へ】をタップ

①カード名義

②カード番号

③有効期限

④CVC/クレジットカードセキュリティ番号(クレカの裏面に表示されている3ケタの数字のことです)

居住国や住所、郵便番号を入力し、【追加】をタップ

これでクレジットカード情報が追加されたので、指示に従って進めていけばクレカで仮想通貨を買うことができます

Bitgetでクレジットカードを使って仮想通貨を買う際の手数料を解説

ここまで解説してきた2種類のクレカ決済の手数料をまとめると以下の通り↓(時期や通貨によって多少変動あり)

サードパーティ 約5%前後
クレジット/デビットカード 約10%前後

前述したとおり、手数料はサードパーティを利用した方が安いです

【クレジット/デビットカード】はサードパーティでは買えないような仮想通貨をすぐに欲しい時に向いている。

Bitgetでクレジットカードを使えないときの主な原因と対処方法を解説

MEXCでクレジットカード決済出来ない時の原因は主に以下の通り↓

クレジットカード決済に対応していないカードを使っている

上手くいかない場合は他のクレジットカードを試してみてください

Bitgetで手数料を抑えて仮想通貨の取引をする方法を解説

先述した通り、クレジットカード決済だと手数料が5~10%ほどかかり、結構高い。

Bitgetのクレジットカード決済に対応しているカードが無い場合も、決済ができない。

なるべく手数料を抑えたい時や、クレジットカード決済ができるカードが無い時は、国内取引所からBitgetに仮想通貨を送金すれば解決できます

送金手数料の安いXRPを国内の取引所から送金するのがおすすめ。

ほとんど手数料がかからず送金可能。

他の取引所からBitgetへXRPを送金する方法は以下の記事にそれぞれまとめています↓

ビットバンクからBitgetにXRPを送金する方法を15枚の画像付きで解説

バイビットからBitgetにXRPを送金する方法を15枚の画像付きで解説

まとめ:Bitgetでクレジットカードを使って仮想通貨を買うのはカンタン

今回はBitgetのクレジットカード決済について解説してきました

やり方は次の通りです↓

1.サードパーティ

2.クレジット/デビットカード

Bitgetが対応しているクレジットカードは以下の2つです↓

〇VISA

〇Mastercard

クレジットカード決済に対応していないカードしか持っていない場合は仮想通貨が買えないのでご注意ください。

また、手数料を抑えて仮想通貨を買いたい時は、国内取引所からXRPをBitgetに送金するのがおすすめです。

というわけで今回は以上です

 

╲5分で口座開設が完了/

Bitget口座開設はコチラ

╲招待コード「qcz2」で取引手数料が永久的に30%オフ/

 

>>Bitgetの口座開設・本人確認・二段階認証の方法を徹底解説!【10分で完了】

>>【無料・簡単】ビットバンクの口座開設/始め方を3ステップで解説【初心者向け】

>>ビットバンクからBitgetにXRPを送金する方法を15枚の画像付きで解説

>>バイビットからBitgetにXRPを送金する方法を15枚の画像付きで解説

タイトルとURLをコピーしました